ニュース
» 2018年09月18日 17時36分 公開

年酬1億円以上の役員が多数:「機械業界の平均年収」ランキング 2位は三菱重工 1位は……?

機械業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、2位は三菱重工業で593万円だった。1位は……

[中澤彩奈,ITmedia]

 機械業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、1位は三菱電機(603万円)だった。

photo 三菱電機の公式Webサイト

 投稿者からは「給与は毎年緩やかに上がる。結果が出るとボーナスに大きく反映されるため、モチベーションアップにつながる」との意見が出た。2018年は6.13カ月分のボーナスが支給される予定。また、役員報酬制度に業績連動型株式報酬を採用しており、年収が1億円以上の役員の数が4年連続で20人を超えているという。

 2位は三菱重工業(593万円)。大卒の初任給は21万1000円(17年4月実績)で、昇給・昇進に伴って上がるという。社員からは「30代の主任以上になると、給与水準は他の重工メーカーと比較しても高い」「比較的給料は恵まれている。最終的には1000万円プレイヤーになれる」などの声が寄せられた。

 3位は川崎重工業(582万円)。報酬に関しては公平性を重視しているため、全従業員の評価基準を開示しているという。社員からは「ボーナスの支給額には、前年度に対する伸び率やROIC(投下資本利益率)も加味されるので、“頑張り”が反映される」「自分の評価ランクが分かり、モチベーションアップにつながる」と、高い評価を集めた。

photo 機械業界の年収ランキング(=グローバルウェイ調べ)

 4位はクボタ(569万円)、5位はジェイテクト(499万円)だった。

 クボタではエキスパート職・スタッフ職・テクニカル職の3コースに分かれた人事制度を採用。各コース内で業績貢献度に応じて進級する仕組みにしている。

 社員からは「基本的に上級職になるまでは年功序列」「休日は120日以上。有給休暇は14日以上付与され、100%取得するよう推進されている。ボーナスは年2回、計6.6カ月分がもらえる。月20時間程度の残業代を入れると、院卒3年目で年収500万円は優に超える」といった意見があった。

 ジェイテクトは、トヨタグループの自動車部品・工作機械メーカー。社員からは「おおむね満足できる額をもらえる。ボーナスも比較的多くもらえる」「入社4年目としては満足。主任になると裁量労働になり、手当が付く」などの声が挙がった。

 調査は14年4月1日〜18年3月31日にかけて「キャリコネ」に正社員として登録しているユーザーから、給与明細に関する投稿が20件以上寄せられた企業のデータを対象に実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -