ニュース
» 2018年10月01日 19時53分 公開

開業35周年イベント好調:18年上半期のディズニー入場者数、過去最多の約1552万人に

18年上半期のディズニー入場者数が、前年同期比5.0%増の計1551万8000人に到達。上半期としては過去最多を記録した。開業35周年を記念したイベントが好調だった。

[ITmedia]

 オリエンタルランドは10月1日、2018年上半期(4〜9月)における「東京ディズニーランド(TDL)」「東京ディズニーシー(TDS)」の入園者数が、前年同期比5.0%増(+74万3000人)の計1551万8000人に達し、上半期としては過去最多を記録したと発表した。

photo 東京ディズニーランドの公式Webサイト

 TDLの開業35周年を記念したデイタイムパレード「ドリーミング・アップ!」や、夜間向けイベント「Celebrate! Tokyo Disneyland」などの新規コンテンツを両パークで展開したことが奏功した。

 4月にリニューアルしたTDLの定番アトラクション「イッツ・ア・スモール・ワールド」も人気を集めた。

 さらなる来園者の獲得に向け、オリエンタルランドは約2500億円を投じてTDSを拡張し、22年度までに映画「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界観を再現したエリアを新設する予定だ。

photo オリエンタルランドによる発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -