特集
» 2004年06月24日 22時45分 UPDATE

dev .NET特集:全1回 .NET FrameworkをUNIXで動かす「Mono Project」 (1/9)

ノベルが取り組むオープンな.NET Framework環境。「Mono」は、ASP.NET、ADO.NETなどの開発を必ずしもWindows上で行う必要がない、という新たなアプローチとして注目されている。その実力をサンプルを用い検証してみた。

[大澤文孝,ITmedia]

 .NET Frameworkは、Windows上で動作するアプリケーション実行環境だ。しかし、.NET FrameworkはWindowsに固有のものではない。なぜならば、.NET Frameworkは、Javaと同様に仮想コード(MSIL)としてコンパイルされ、「CLR(Common Language Runtime)」と呼ばれる仮想マシン上で動作する仕組みになっているからだ。このため、CLRを移植すれば、ほかのOSでも.NET Frameworkアプリケーションが動作する可能性がある。

 .NET Frameworkを他のOSで動かすための代表的なプロジェクトが、ノベルがスポンサーとなって開発を進めているオープンプロジェクト「Mono」と、GNUによるフリーソフトの「DotGNU」だ。今回は、もう少しでバージョン1.0が登場するところまで完成度を高めた「Mono」が、マイクロソフトの.NET Frameworkとどの程度の互換性を持っているのかを見ていくことにしよう。

 なお、実行環境には、基本的にXserve上でアップルコンピュータのMac OS X Server v10.3を利用した。

見 出 し 一 覧
1. .NET Frameworkの構造と標準化仕様
2. C#とCLIの仕様は標準化されている
3. クラスライブラリは非公開
4. .NET FrameworkをUNIX環境で動かすMonoの仕組み
5. Monoがサポートするクラスライブラリ
6. 実装されないクラスライブラリ
7. Monoのインストール
8. Linuxの場合
9. Mac OS Xの場合
10. Windowsの場合
11. Monoを使ってコンソールアプリケーションを作る
12. C#の場合
13. VB.NETの場合
14. Windowsからコピーしたバイナリを直接実行することもできる
15. ASP.NETとMono
16. ビルドに必要なもの
17. XSPの実行
18. .aspxファイルはUTF-8で保存
19. UNIXでASP.NET開発の時代は近い?

       1|2|3|4|5|6|7|8|9 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ