特集
» 2004年07月14日 00時00分 UPDATE

UNIX USER8月号「unixuser.jpサーバー構築記」より転載:インストール直後の環境整備――第1回 IA64とHP-UX(その3) (1/3)

前回までで、IA-64のHP Integrity rx1600にHP-UX11iv2をインストールした。今回は、インストール直後の環境の整備を行う。XアプリをSSH経由で表示させる方法についても紹介していく。

[渡辺真次,UNIX USER]
インストール直後の環境整備

 rootでログインしたら、以降の作業が楽になるよう、以下の3点についてはすぐに作業しておこう。

rootホームディレクトリの変更

 標準では/(ルート)ディレクトリがrootアカウントのホームディレクトリになっているため、以降の各種設定やMozillaの起動などで、/ディレクトリにファイルが散らかってしまう。そこで、最初の作業として、適当なディレクトリを作成し、そこをrootアカウントのホームディレクトリとしたほうが良い。

 どういった名前にするかは任意であるが、トラブル時に適応できるよう、/ディレクトリのあるパーティション(ルートパーティション)上に置くことは必須である。デフォルトの/.profileには、homeディレクトリ下を想定した「/home/root」というサンプル記述があるが、通常/homeは別パーティションになっているので、/home以下には置かないことになる。Linux環境などと行き来することを想定して、FHS(http://www.pathname.com/fhs/)に沿って、ここでは/rootに変更しておく。

# mkdir root
# mv -p .* /root
# vipw
(/etc/passwdを編集)
root:x:0:3::/:/sbin/sh

root:x:0:3::/root:/sbin/sh

 これでいったんexitでログアウトして、ログインし直せば完了だ。

TERMの固定設定

 gnome-terminal上のminicomから操作しているときなど、TERM設定が自動判別できす、ログイン時に「Value of TERM has been set to "unknown".」とメッセージが出てしまい、一部のキーが使えなくなることがある。もし、そういったメッセージを見るようなら、/root/.profileの最後にTERM設定を追加しておくといいだろう。

TERM=xterm(もしくはvt100)
export TERM

 編集後、ログインし直すか、「. .profile」と.(ドット)コマンドを実行して反映させておく。

シェルのモード選択

 rootのデフォルトシェルはPOSIX Shellである。これは入力行にviとEmacsの2つのモードがあり、これらのエディタと似た操作で行編集が行える。HP-UXでのデフォルトではviのモードなので、何かを入力してからEscキーを押し、Hキーなどを押してみるとその動作が分かるだろう。

 Emacsやbashに慣れたユーザーなら、.profileの最後あたりに、

set -o emacs

と記述しておくと良い。ちなみにPOSIX Shellの各種設定は「set -o」で確認でき、viとemacsの項目はトグルになっている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(c)2010 SOFTBANK Creative Inc. All rights reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -