速報
» 2004年07月27日 07時47分 UPDATE

Sun、Opteron 4基搭載の「V40z」発表

米Sunはサーバ新製品「Sun Fire V40z」を正式発表、出荷を開始した。Opteron 800シリーズのプロセッサを最大4基搭載、OSはSolaris x86のほか、Linux、Windowsに対応できる。価格は8495ドルから。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは7月26日、Opteronプロセッサを4基搭載したサーバ新製品「Sun Fire V40z」を正式発表、同日から出荷を開始した。

 Opteron 800シリーズのプロセッサを最大4基搭載、OSはSolaris x86のほか、Linux、Windowsに対応できる。価格は8495ドルから。SPECweb99_SSLのベンチマークテストではXeon MP搭載の競合製品を76%上回る結果が出たとして、IBMとHPの競合製品をしのぐ性能をうたっている。

 また、Opteronを搭載したワークステーションの新製品「Java Workstation W1100z」と「Java Workstation W2100z」も併せて発表された。OSはSolaris x86とLinuxに対応、価格はW1100zが1995ドルから、W2100zは4695ドルからとなっている。

 Opteronを2基搭載の「V20z」では新しいパッケージ料金「Sun Fire V20z Enterprise Essentials Promotions」が導入された。3年間のSolaris x86サブスクリプション、サポートサービスのSun Silver Spectrum、Opteronを1基か2基搭載したV20zサーバ込みで、同程度の仕様のDell製品に比べて40%近く割安になると説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -