連載
» 2004年12月10日 17時55分 UPDATE

知ってるつもり? 「セキュリティの常識」を再確認第4回 不正侵入に対抗するIDS/IPSの常識 (1/3)

ファイアウォールでは、許可されているサービスに悪意のあるコードが紛れていても防ぐことができない。IDS/IPSは、これを監視し不正侵入や怪しい振る舞いを検出/遮断する装置だ。

[横森利裕(三井物産セキュアディレクション),ITmedia]

 企業の約90%がファイアウォールを導入しているといわれている。ファイアウォールは一般的にネットワークの入り口に置くことにより、外部から許可しているネットワークサービス以外の不正アクセスを防御する。しかし、許可しているサービスに対し悪意のあるコードが紛れていたとしても、通常のアクセスとして許可してしまう。パケット中にセキュリティ上の脆弱性を利用したコード(Exploitコード/Buffer Overflow)が含まれていると、攻撃者に不正侵入を許してしまうことになりかねない。

図1 ファイアウォールを通過してしまう脅威もある

 これに対してIDS(不正侵入検知装置)は、ファイアウォールが入り口で許可した通信サービスを再度監視カメラのようにチェックし、怪しい振る舞いの可能性や攻撃、不正侵入の試みかを判断し警告を発する装置である。主にDMZ上に配置されたネットワークやコンピュータに対しての攻撃や侵入行為を監視し、ファイアウォールと組み合わせて利用されることがほとんどだ。

図2 監視カメラの役割をになうIDS

IDSの基本動作

 IDSを大別すると、ネットワーク型とホスト型の2つに分けられる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -