速報
» 2005年02月16日 08時35分 UPDATE

Red Hat、企業向けLinux新版リリース

Red Hatは「Red Hat Enterprise Linux 4」を発表、世界15言語で提供を開始した。

[ITmedia]

 米Red Hatは2月15日、企業向けLinuxの新版「Red Hat Enterprise Linux 4」を発表、世界15言語で提供を開始した。

 バージョン4はLinuxカーネル2.6を基盤として安定性を強化。特にデスクトップで生産性向上を図ったほか、32ビットと64ビットの両方でパフォーマンスとスケーラビリティを追求している。

 プロセッサは64ビットのIntel XeonとItanium、AMD64、IBM POWERシリーズ、S/390などのx86システムに対応。750以上のシステムで認定済みのほか、アプリケーションの認定も進めている。

 「Red Hat Enterprise Linux 4は、サーバからデスクトップに至るまであらゆる導入においてLinuxが賢明な選択肢となるのに必要なパフォーマンス、スケーラビリティ、セキュリティ、アプリケーションを備えている」と、エンジニアリング担当執行副社長のポール・コルミエ氏は解説。企業でLinuxを導入すれば実質的にSolarisが必要なくなることが示されたとうたっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ