ニュース
» 2005年03月17日 01時05分 UPDATE

Fedora Core 4 test1が公開、インストーラが文字化け?

Fedora Projectは「Fedora Core 4 test1」を公開した。i386、x86_64、PowerPCに対応したほか、GCC4やXenなどが採用されている。

[西尾泰三,ITmedia]

 Fedora Projectは米国時間の3月15日、「Fedora Core」の最新のテストリリースとなる「Fedora Core 4 test1」を公開した。i386、x86_64、PowerPC(PPC/PPC64)の3プラットフォームに対応したISOイメージがHTTP/FTPミラーサイトや、ファイル共有ソフトのBittorrentを経由して行われている。

 予定では2月末のリリースが予定されていた今回のtest1だが、GCC 4をなんとか採用しようと予定を遅らせてのリリースとなった。これにより、20050308版のgcc 4が採用されている。しかし、お互いの正式版のリリースタイミングを考えると、Fedora Core 4のリリース(当初の予定では5月下旬)にGCC 4が入るかは微妙な状況だ。

 そのほか、Linuxカーネル 2.6.11-1、GNOME 2.9.6、KDE 3.4.0(RC1.2)、FireFox 1.0.1-5、OpenOffice 1.9.83、PHP 5.0.3、PostgreSQL 8.0.1、MySQL 4.1.10といった最新のパッケージを採用している。

 また、オープンソースの仮想化ソフトウェア「Xen」も取り込まれている。VMwareなどの仮想化ソフトウェアと比べると特別なカーネルが必要になるが、高速な動作が可能となる(関連記事参照)

 そのほか、いくつかのパッケージがFedora CoreからFedora Extrasに移管している。Fedora ExtrasはFedora Projectによりサポートされた準公式ソフトウェアパッケージセット。

 現在、Fedora JP ProjectのBBSでは、インストール時の文字化けが指摘されているので、インストールの際はこれらの情報にも目を向けたほうがよいだろう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ