速報
» 2005年05月12日 08時44分 UPDATE

米州検察、MSの情報もとにスパム組織を摘発

米マサチューセッツ州はMSの協力により、スパム組織を摘発、提訴した。MSのトラップアカウントにはこの組織からのメールが少なくとも4万5000通届いたという。

[ITmedia]

 米マサチューセッツ州の検察当局がMicrosoftの協力を得て、迷惑メールを大量送信していた組織を摘発、個人7人と企業2社を提訴した。

 Microsoftの発表によれば、被告は米連邦法と州法に違反してスパムメールを送信し、海賊版ソフトの宣伝と販売を行っていた。活動の拠点はボストンとロシアに置かれ、モナコ、オーストラリア、フランスでもドメインを登録、中国、韓国、ブラジル、台湾でサーバを運営していた。

 MicrosoftではInternet Safety Enforcementチームでスパムを収集して州当局に提出。Hotmailに設置した「トラップ」アカウントには2004年半ばの3週間で、この組織からのものと思われるスパムメールが少なくとも4万5000通届いたという。

 同社はこれまでにもワシントン、ニューヨークなど各州当局によるスパム摘発に協力。今後もサイバー犯罪を食い止めるため、引き続き司法当局を支援していく方針だと述べている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -