速報
» 2005年05月14日 07時46分 UPDATE

IEとOutlookに未パッチの脆弱性、eEyeが概略公開

セキュリティ企業のeEyeはIEとOutlookの深刻な脆弱性を発見した。Microsoftからのパッチ対応を待って詳細を公表する。

[ITmedia]

 MicrosoftのInternet Explorer(IE)とOutlookで、未パッチの深刻な脆弱性が見つかったとして、セキュリティ企業のeEye Digital Securityが概略を公表した。

 eEyeのアドバイザリーによれば、影響を受けるソフトにデフォルトの状態で脆弱性が存在し、ユーザーが最小限の操作を行うだけで、不正コードを実行できてしまう。この問題はIEとOutlookのほかにも各種タイトルに存在するという。

 影響を受けるOSはWindows NT 4.0/2000/XPの全バージョンとWindows 2003。Microsoftには5月5日に報告済みで、eEyeではベンダーからアドバイザリーかパッチが公開されるまで、詳しい情報は公開しない方針。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ