特集
» 2005年06月01日 20時42分 UPDATE

特集:Skypeは企業IP電話を変えるかPART3 アプリケーションから利用するSkype (1/3)

Skypeをビジネス利用する際、既存の情報システムとの連携が必要になるケースは多いだろう。Skypeと他アプリケーションとの連携方法にはいくつかレベルがあり、密接度に応じて実装量が変わる。Part3では、まずSkypeが提供するシンプルな連携方法を解説し、「マルチスケジューラ」を例にアプリケーション連携の実際を紹介する。(関連特集

[岩田 真一、徳力 基彦(アリエル・ネットワーク),N+I NETWORK Guide]

N+I NETWORK Guide 5月号(2005年)より転載しています

POINT
1 Webやメールソフトでcallto:タグを使ってSkypeを起動することが可能。表面的な連携ではあるが、その半面、バックエンドシステムに手を加える必要がないため、すぐに適用できる。
2 Skype Public APIを利用すれば、より密なアプリケーション連携も行える。ACCESS API、PHONE APIというAPIが用意され、Skypeの操作や音声機器の制御が行える。
3 機能連携例として、情報共有アプリケーションにおいて、ワンクリック通話、チャット、ユーザー間のプレゼンス確認などがAPIの利用によって実現。
4 ビジネスP2Pでは、P2P技術の利点を生かし、アプリケーションをいかに活用するかという視点も大切。トラフィックの遮断も可能な一方、方針を設けて運用することもできる。

Skypeとのシンプルな連携

●Webとの連携「callto:タグ」

 まずは、簡易な連携として、WebアプリケーションまたはWebサイトにSkype通話の開始リンクをつける方法だ。HTMLには、Webとメールの簡易連携のために「mailto:」というキーワードがある。mailto:の使い方は、

<a href="mailto:mail@address">mail@address</a>

のようにタグを使用し、参照先にmailto:キーワードとメールアドレスをつける。これにならって、Skypeでは「callto:」というキーワードを使用してWebと簡単に連携することができる。つまり、

<a href="callto://Skype名>Skype名</a>

という具合だ。そのPCにSkypeがインストールされていれば、Webページ上でSkype名のリンク(*1)をクリックすると、そのSkype_Name宛にSkype通話が開始する(図1)。

図1 図1●callto:タグでSkype通話を開始 callto:を使うと、WebページにSkype通話開始のリンクを配置できる

 HTMLが記述できるところであればどこでも有効なので、社内の名簿などに利用するなどの活用法が考えられる。

●メールとの簡易連携

 多くのメールクライアントは、メール本文中に「http://〜」という記述があると自動的にリンクを生成する。また、中にはOutlookのように「callto://〜」という記述に対してもリンクを作るものがある(図2)。そのようなメールクライアントを使っているユーザーがSkypeをインストールしていれば、たとえば「callto://Skype名」というリンクをクリックすると、Skype通話を発信することができる。

図2 図2●メーラーによる自動リンク生成 Outlookではcallto:キーワードには自動的にリンクが生成される

 ところで、なぜcallto:キーワードを使うと自動的にリンクになるのだろうか。実はcallto:は、もともとマイクロソフトのNetMeeting用に用意されたものなのだ。そのためcallto:キーワードはデフォルトでNetMeetingに関連付けられている。ただし、ファイルの拡張子のように、後から関連付けの変更が可能だ。Skypeはインストールされる際に、自分自身に関連付けられるようにレジストリ値を変更する。

●calltoではオンライン状態はわからない

 calltoを使った連携は、単にSkypeをキックするだけなので、ユーザーのオンライン情報などは当然わからない。ユーザーのプロフィール取得やチャット履歴の表示など、より詳細な連携が必要な場合は、Skype専用のAPIを使う。

Skype APIを利用した連携

 Skypeとの密接な連携を考えるなら、Skypeが公開している「Skype Public API」(以下、Skype API)を利用する必要がある。

●Windowsメッセージを介した利用

 実は、Skype APIは単独で存在するものではなく、Skypeクライアントに付属してくる。つまり、Skype APIを使用するには、使用したいPCにSkypeをインストールしなければならない。逆にいえば、SkypeがインストールされているPCでは、APIの利用が可能ということだ。

 APIといえば、普通C++やJavaのクラスライブラリ、C言語の関数のセットを連想するだろう。ところが、Skype APIへのアクセス方法はこれらとは毛色が異なり、Windowsメッセージを利用したものになっている。つまり、Skypeにアクセスする必要があるアプリケーションは、SkypeクライアントとWindowsメッセージをやり取りする。Skypeクライアントが解釈できるWindowsメッセージ、または発行するWindowsメッセージ群を公開しているのがSkype APIである。


*1 Skype社のWebサイト(http://www.skype.net/community/skypemebuttons.html)ではリンクに使用できる「Skype Me!」ボタンの画像や、設置のためのHTMLサンプルが提供されている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(C) 2010 SOFTBANK Creative Inc. All Right Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -