ニュース
» 2005年08月25日 12時14分 UPDATE

IDF Fall 2005Microsoft、仮想化機能でLinuxとSolarisをサポートへ

開催中のIDFで、MicrosoftがVirtual Serverの次期リリース、「Virtual Server 2005 R2」ではLinuxとSolarisをサポートすることを明らかにした。このHypervisor技術はLonghornにも組み込まれる。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Microsoftの「Virtual Server」製品の次期リリースでは、Windows OSが動作しているサーバ上でLinuxとSun MicrosystemsのSolarisの両OSがサポートされる。同社の広報担当者が8月24日、インタビューで明らかにした。

 さらにMicrosoftは同日、この次期暫定版の名称も明らかにした。同バージョンはこれまで、「Virtual Server 2005 Service Pack 1」と呼ばれてきた。Microsoftは現在、同製品を「Virtual Server 2005 R2」と呼んでいる。これは、サンフランシスコで開催中のIntel Developer Forum(IDF)において、Intelのデジタルエンタープライズグループのパット・ゲルシンガー上級副社長兼ゼネラルマネジャーの基調講演の中でMicrosoftが明らかにしたもの。

 MicrosoftのWindows Server部門のマーケティングディレクター、ゼイン・アダム氏によると、名称を変更したのは、同リリースには通常のサービスパックよりもかなり多くの変更が含まれるからだという。同社は通常、サーバ製品の次期メジャーアップデートをリリースするまでの間、サービスパックや「R2」と呼ばれる暫定リリースを提供している。

 Virtual Server 2005 R2における主要な機能強化の1つとして、LinuxおよびSolarisのサポートがある。アダム氏によると、この技術の開発ではMicrosoftは一部のパートナーの協力を得ているという。これらの企業の名前は明らかにされていない。

 Virtual Server 2005 R2では64ビットのサポートも組み込まれ、1台のサーバ上でより多くの仮想マシンを動作させることが可能になる。「メモリを大量に使用するアプリケーションにおける仮想マシンのパフォーマンスの改善や、新しいクラスタリング技術による可用性の向上も実現される」とアダム氏は話す。

Hypervisor技術はLonghornにも組み込み

 MicrosoftがVirtual Serverを投入したのは2004年10月。同製品はWindows Server OSの仮想化を可能にするため、あたかも複数のサーバ上で動作しているかのように、複数のOSインスタンスを1台のサーバ上で同時に実行することができる。Virtual Serverは、EMCのVMWare部門が提供している仮想化技術と直接競合する。

 Microsoftのスティーブ・バルマーCEOは4月の時点で、サードパーティーによるLinuxのサポートをVirtual Serverに含める方針を明らかにしていた。同氏はそのとき、Virtual Serverの仮想化/管理機能をOSに直接追加する「Hypervisor」という技術も披露した。Hypervisorは将来的に、Longhornのコードネームで呼ばれるWindows Serverの次期メジャーリリースに組み込まれる予定だ。Windows ServerのLonghorn版は、2007年上半期にリリースされる見込み。

 Hypervisorの発表時点では、Virtual Serverのスタンドアロン製品としての将来を危ぶむ声が広がったが、Microsoftは今後も同製品の機能を強化し、独立したサーバ製品として販売する方針を明らかにした。

 アダム氏は8月24日、この方針を再確認し、R2バージョンの後にはVirtual Serverのフルアップグレード版をリリースする予定だと語った。同リリースのβ版は2006年上半期に、最終版は同年下半期に提供されるという。

 さらにMicrosoftはゲルシンガー氏の24日の基調講演の中で、Intelが市場に投入しようとしている仮想技術チップセット「VT」のサポートのデモも行った。アダム氏によると、VTのサポート、ならびに「Pacifica」(Advanced Micro Devicesが開発中の同様の技術のコードネーム)のサポートは、2006年末までに出荷予定のVirtual Serverバージョンに含まれる見込みだという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -