速報
» 2005年08月27日 07時48分 UPDATE

IBM、ファイルバックアップの新ソフト

IBMは、PCのデータをリアルタイムでファイルサーバに自動バックアップするソフト「Tivoli Continuous Data Protection for Files」を発表。

[ITmedia]

 米IBMは8月26日、PCとファイルサーバに保存された情報を継続的に保護する新ソフト「Tivoli Continuous Data Protection for Files」を発表した。

 同ソフトは「データのセーフティネット」として機能し、Word文書、MP3ファイル、デジタル写真、プレゼン資料といった重要な情報をリアルタイムでバックアップ。ウイルス感染や人為ミスなどによる損失から保護する。

 従来はユーザーが定期的にデータのバックアップを行う必要があったが、この新ソフトではノートPCやデスクトップPC、ファイルサーバにいったんインストールすると、継続的に自動バックアップが行われる。

 バックアップはまずローカルでコピーを作成し、その後リモートサーバに別のコピーを送信する。外出先でもファイルの保護と復旧を行うことができ、損失前の状態に戻すことができる。

 9月16日に発売予定で価格はノートPCまたはデスクトップPC1台当たり35ドル、サーバプロセッサ当たり995ドル。IBMとビジネスパートナー経由で直接販売する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ