ニュース
» 2005年09月28日 23時02分 UPDATE

企業・団体の38%がLinuxサーバを導入、インプレス/矢野研調査

インプレスと矢野経済研究所が実施した調査によると、国内の企業や団体の38%ではすでにLinuxサーバが導入されているという。

[三木泉,@IT]

 企業や団体の38%がすでにLinuxサーバを導入、ディストリビューションはレッドハットが圧倒的な首位――こうしたLinuxサーバ利用の実態が調査で明らかになった。

  この調査は、出版社のインプレスと矢野経済研究所が共同で実施した。10月3日にインプレスが発売する「Linuxオープンソース白書2006」に詳細が掲載される。主な調査結果は次のとおり。

  • 国内の企業・団体におけるLinuxサーバ導入率は38.0%で、商用UNIXサーバの導入率(26.4%)を超えている。Windowsサーバの導入率は95.0%に達している。


  • 社内の全オープン系サーバにおけるOS別の台数比率は、Windowsが84.6%、Linuxが8.9%、商用UNIXが6.5%となっている。台数でもLinuxは商用UNIXを上回っている。


  • Linuxサーバの導入済み企業に時期を聞くと、3〜5年前が27.4%でもっとも多い。しかしその一方で、過去1年間における導入も28.7%と、4分の1以上を占めている。


  • 最も新しく導入したLinuxサーバの導入目的を従業員規模別で見ると、100人未満の中小企業では「新規導入」がほかに比べて低く(42.1%)、「Linuxサーバの入れ替え・更新」が多い(36.8%)。この結果は、中小企業でLinuxが過去数年、確実に浸透していることを示している。従業員100人以上の企業における「新規導入」の比率は60%台。


  • 業種別のLinuxサーバ導入率では、公共団体が83.8%で群を抜いている。以下サービス業、組立製造業、建設業、流通業、プロセス製造業、金融・保険業と続き、それぞれ53.8%、39.6%、39.3%、29.7%、25.5%、24.3%となっている。


  • ディストリビューション別では、「Red Hat Linux(旧Ver.6〜9)」が67.0%、「Red Hat Enterprise Linux」は24.3%、「Turbolinux8/10 Server」が21.3%、「Fedora Core」が7.0%など。レッドハットの圧倒的なシェアが明らかとなった。


  • サーバOS以外のオープンソースソフトウェア利用率は、Linuxサーバで71.7%、商用UNIXサーバで33.8%、Windowsサーバでも18.8%に上っている。データベースは、Linuxサーバ上でPostgreSQLが36.4%、Windows上ではMySQLが23.1%の比率で利用されている。

 矢野経済研究所は6月下旬から7月にかけて、同社の企業データベースから業種、従業員数、年商のバランスを考慮した上で無作為抽出した企業・団体の情報システム管理者を対象に、郵送でアンケートを実施した。有効回答数は605。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ