速報
» 2005年11月24日 08時11分 UPDATE

Microsoft、RSSの双方向機能を開発

RSSを使って連絡先や予定表といった情報をアプリケーション間で同期化できるようにするための拡張機能「SSE for RSS 2.0」のバージョン0.9が公開された。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米MicrosoftはRSS 2.0フォーマットを拡張して「多方向性」を持たせ、連絡先や予定表といった情報を別々のアプリケーション間で同期化するため使えるようにする。

 Microsoftでは複数の関係者がアップデートしたコンテンツの交換と同期化に利用できるようにするため、RSSの拡張機能セット開発に当たっている。その目標は、基本的に一方通行のパブリッシング構造に、多方向性を持たせることにある。

 同社は今月、「Simple Sharing Extensions(SSE) for RSS 2.0」と呼ばれる同仕様のバージョン0.9を公開し、完成版に向けたフィードバックを募っている。

 この拡張機能の目標を理解するためには、RSSフィードを使ってリストアップされた項目を共有・共同編集したいPCユーザーが2人いると想定するといい。2人とも共有拡張付きRSSを使って自分のリストをパブリッシュし、相手のフィードにも登録する。

 どちらか一方がリストをアップデートすると、変更された部分がそのフィードに追加され、相手のリストにも取り込まれる。

 この仕様は、ユーザーが手持ちのPC、PDA、携帯電話といったさまざまなデバイス間で連絡先リストを常に同期化しておくのに使えるかもしれない。あるいは家族(または同僚)の間で予定表の共有したい部分を同期化するのに使える可能性があると、MicrosoftのCTO、レイ・オジー氏はブログの中で述べている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -