速報
» 2005年12月03日 07時41分 UPDATE

RealPlayerに深刻な脆弱性報告

eEyeのアドバイザリーによれば、RealPlayerに深刻な脆弱性が存在し、ユーザーがログインした状態で任意のコードを実行される恐れがある。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のeEye Digital Securityは、RealNetworksのメディア再生ソフトRealPlayerに深刻な脆弱性が発見されたとして、概要を公開した。

 脆弱性は11月16日と30日に報告された2件。いずれもリモートから悪用でき、ユーザーがログインした状態で任意のコードを実行される恐れがあるという。OSはWindowsが影響を受ける。

 eEyeではこのほか、AppleのQuickTimeとiTunesについても危険度「高」の脆弱性を報告している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ