特集
» 2006年02月02日 09時00分 UPDATE

エンタープライズコンテンツ管理のすすめ:企業のコンテンツ管理は本当に難しい!? (1/4)

コンテンツ管理にかかわる問題は、あらゆるオフィスで日々発生している。「ドキュメントを繰り返し編集したため最新のものか分からない」「以前に作った資料がどこにあるか分からない」――日常的な課題を背景に、コンテンツ管理へのニーズが増えている。

[上村陽子,ITmedia]

 コンテンツ管理は、2005年に最も注目を集めたIT用語の1つと言っても過言ではないだろう。個人情報保護法やSOX法への対策として、あるいはペーパーレスや業務効率化のために、コンテンツ管理の強化に着手する企業は少なくない。しかし、いざIT部門が企業のコンテンツ管理を強化しようと思っても、その取り組みはなかなかスムーズには進まない。コンテンツ管理を取り巻く状況を整理しながら、企業のとるべき対応を探っていきたい。

コンテンツ管理インフラに高い注目

 ITの調査を専門とするITRが行った「国内IT投資動向調査2006」の中に、ぜひ紹介したいデータがある。図1は、「注目度が高まりつつある、または今後高まる可能性のあるIT動向」について、企業がどの程度重要と考えているかを分析した結果だ。2005年秋の調査結果では、図に示すように「全社的なコンテンツ管理インフラの整備」を重要とする企業の割合が非常に高かった。

図1 主要なIT動向の重要度の分布(出典:「国内IT投資動向調査2006」CIO Magazine、ITR、ドイツ証券)

 この調査は2002年秋から毎年実施しているものだが、2004年の調査から「コンテンツ管理」という用語を選択肢に加えたところ、いきなり高い重要度を示し、2回目の登場である今回もそれを維持する結果になった。

 さらに興味深いのは、「情報・ナレッジの共有、再利用環境の整備」という選択肢との関係だ。どちらも同じくらいの比率で重要と考えられている。この2つの領域に課題を抱え、なんとか改善していきたいと考える企業が非常に多いと言える。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -