速報
» 2006年02月04日 08時25分 UPDATE

Adobe、Photoshopなどの脆弱性に対処

Adobe Creative Suite 2、Photoshop CS2、Illustrator CS2に脆弱性が見つかり、修正パッチがリリースされた。

[ITmedia]

 Adobe SystemsのPhotoshopやIllustratorにファイルパーミッションの脆弱性が見つかった。Adobeでは「重要な問題」だとして製品ごとに修正パッチをリリースし、ユーザーに適用を呼び掛けている。

 Adobeのアドバイザリーによると、影響を受ける製品はCreative Suite 2、Photoshop CS2、Illustrator CS2のWindows版とMac版。

 これら製品のファイル/フォルダパーミッションでは権限を持たないユーザーがプログラムファイルを変更できてしまうことが発覚。複数のユーザーで共有しているシステムが危険にさらされるという。

 この脆弱性を突かれると、悪意を持ったユーザーがプログラムファイルを悪質なコードに置き換えることができてしまい、その後権限を持ったユーザーに実行されると、重要なデータの読み取り、書き込み、破壊を招く可能性がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -