速報
» 2006年02月22日 07時58分 UPDATE

OS Xワームの亜種が相次ぎ出現

先日発見されたOS Xワームの亜種が相次いで報告された。機能限定を行わない同様のワームが今後作成される可能性もあるとF-Secure。

[ITmedia]

 Mac OS Xを狙ったマルウェアの出現が相次いでいる。初のOS XワームLeap-Aと、Bluetoothで感染するInqtana.Aに続き、今度はその亜種の「Inqtana.B」「Inqtana.C」が相次いで報告された。

 セキュリティ企業のF-Secureによれば、Inqtana.B、CともInqtana.Aに近い亜種だという。ほぼ唯一の違いとして、ユーザーがOBEXファイル転送を受け入れた後、感染したマシン上でワームが起動する方法に手を加え、OS X 10.4と10.3の両方に感染するようになっている。

 いずれも昨年発見されたMac OS XのBluetoothに関する脆弱性を突いて拡散する仕組みになっており、OS X 10.4の最新のセキュリティパッチを適用していれば感染は防げる。

 Inqtana.A、B、Cとも機能するのは特定のBluetoothアドレスに限られており、2月24日で機能停止する仕組みになっているため、実際の環境で繁殖することはできないとF-Secureは指摘。しかし、このような機能限定を行わない同様のワームが今後作成される可能性もあるとして、OS Xを最新の状態に保つよう呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -