速報
» 2006年05月17日 07時45分 UPDATE

Sun、Java EE 5を正式発表

年次カンファレンスJavaOneが米サンフランシスコで開幕。「過去6年で最も重要なアップデート」となるJava Platform, Enterprise Edition 5が正式発表された。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは5月16日、米サンフランシスコで開幕した年次カンファレンスJavaOneで、エンタープライズJavaの新版「Java Platform, Enterprise Edition 5」(Java EE 5)を正式発表した。

 Java EE 5は過去6年で最も重要なエンタープライズJavaのアップデートになるとSunは説明。開発の簡素化と高速化、コスト効率向上を図り、最新のSOA技術をすべてサポートしたとしている。

 Java EE 5はReference Implementation(RI)、Technology Compatibility Kit(TCK)、Software Development Kit(SDK)で構成され、オープンソースのProject GlassFishで開発されたSun Java System Application Server Platform Edition 9.0も無料で提供する。

 SDK、RI、TCKとも即日提供を開始。新しいSDKにはJava EE 5についてデベロッパーに知ってもらうための文書とツールが含まれる。Sun Developer Network(SDN)でSolaris、Linux、Windows版の無償ダウンロードが可能。

 SunではJava EE SDK 5.0とSun Developer Toolsのユーザー向けに、有料のサポートサービス「Sun Developer Expert Assistance」を提供する。SDNの会員は割引価格でサービスパッケージを購入できるキャンペーンを実施中。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -