ニュース
» 2006年05月23日 17時10分 UPDATE

日本ストラタスとシーイーシー、Linuxサーバソリューション分野で協業を発表

日本ストラタステクノロジーとシーイーシーは、OSSソリューションにおけるパートナーとして戦略的協業を締結した。無停止型サーバとオープンソースソフトウェアサービスを組み合わせたソリューションを提供する。

[ITmedia]

 日本ストラタステクノロジーとシーイーシーは5月23日、Linuxのエンタープライズシステムやミッションクリティカルシステムのニーズを受け、OSSソリューションにおける戦略的協業を締結した。両社は今後、マーケティング、営業、システム構築、技術検証、サポートに共同で取り組む。

 日本ストラタスでは、Linuxビジネスの強化に焦点を当て、2005年12月にはRed Hat Enterprise Linux AS 4を搭載した「ftServer Tシリーズ」を、2006年2月にはMIRACLE LINUX 4.0を搭載した「ftServer Mシリーズ」の販売を開始してきた。ftServerは、主要なハードウェアを2重化し、障害時には片側のコンポーネントを自動で切り離すことによりシステムダウンやデータの損失を回避する無停止型サーバ。

 同社はハードウェア、OS、コアスタックの保守を一括して提供可能にするため、シーイーシーと協業。シーイーシーが提供するOS、ミドルウェア、アプリケーション、構築、運用など、OSSに関するサポートおよびアップデートサービスを提供する「OpusCoreスタックサービス」を組み合わせた高信頼性のLinuxソリューションの提供を受けることが可能となった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ