ニュース
» 2006年08月01日 18時28分 UPDATE

goo、検索からブログ対象排除の動き

NTTレゾナントが運営するサービスgooは31日、検索対象からブログを含まないオプションを追加した。

[ITmedia]

 NTTレゾナントが運営するサービス「goo」では7月31日、「ウェブ検索」サービスからブログを含まない検索結果を表示させることができる「ブログフィルター」機能を新たに追加した。また、「ウェブ検索」結果ページで、「教えて!goo」の情報表示の拡充も行われている。

 ブログの流行により、数多くのCGM(Consumer Generated Media:消費者発信型メディア)が登場し、一大コンテンツとしての側面も確立されつつある。

 しかし、同社が実施したユーザーアンケートでは、検索キーワードによっては「ウェブ検索」の上位をブログが占めてしまい、求めているサイトが見つかりづらいという意見が多いという。

 これを受けて、今回の変更では「ウェブ検索」を行う際のオプション設定を追加し、検索結果に含まれるブログ対象を非表示にする機能を追加したもの。検索オプションページから、「ブログを含まない」のチェックをオンにし、キーワード検索するだけで検索結果からブログが排除されるようになる。

 元々ブログには、ブログを専門に検索できるブログ検索もあるのにも関わらず、通常のウェブ検索でブログが占拠してしまう問題は、以前から指摘されていた。今回のNTTレゾナントの対応を受け、他社が追随するかどうかが注目される。

 またNTTレゾナントは同時に、ウェブ検索結果ページの「教えて!goo」情報表示の拡充も行った。すでに、2005年2月から検索キーワードに関連する質問と回答を検索結果の上部に「gooサービスとの一致」として表示していたが、今回は下部にも追加された。これにより、検索結果をひと通り確認して情報にたどり着けなかった場合でも、関連した「教えて!goo」の質問文をスムーズに探せるようになるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ