ニュース
» 2006年08月15日 16時15分 UPDATE

Oracle、「PeopleSoft CRM 9」をリリース

Oracleは、この数年間に買収したPeopleSoftなどの企業のアプリケーションのサポートを継続する姿勢だ。PeopleSoft CRM 9は金融サービス分野向けにデザインされ、Fusion Middlewareを利用する。

[Scott Ferguson,eWEEK]
eWEEK

 8月14日にPeopleSoft CRMアプリケーションのアップデート版をリリースしたOracleは、同社がこの数年間に買収したPeopleSoftなどの企業のアプリケーションや製品のサポートを今後も継続する姿勢を示している。

 Oracleは2004年にPeopleSoftを買収した。その後、同社は、PeopleSoftなどのアプリケーションのサポートが中止されるのではという顧客の不安の解消に努めてきた。

 Oracleはそういった不安を解消する手段の1つとして打ち出したのが、4月に開催された年次「Oracle Application User Group」カンファレンスで発表した「Application Unlimited」プログラムである。

 Oracleはこのプログラムで、E-Business、PeopleSoft、JDE、Siebelの各アプリケーションのアップグレードを2013年以降も続けることを約束した。2013年というのは、同社が2005年にFusionのロードマップを発表した際に示したサポート終了期限である。Oracleの幹部によると、Application Unlimitedプログラムは顧客にアップグレードを強いるものではないという。

 新しい「PeopleSoft CRM 9」アプリケーションは金融サービス分野向けにデザインされており、OracleのFusion Middlewareを利用する、と同社は説明している。

 Fusion Middlewareは、PeopleTools 8.48開発スタックと組み合わせられている。OracleのXML Publisherとの連携を容易にするほか、サードパーティーアプリケーションとの連携が可能な拡張型Webサービスを実現する。さらにFusion Middlewareは、標準ベースのビジネスプロセスに組み込むことも可能だという。

 PeopleSoft CRM 9では、OracleのBPEL(Business Process Execution Language)Process Manager、Database 10gおよびOracle Application Server 10g Certificationを利用することもできる。

 Oracleは、自社のコアCRMスイート、そして従来のアプリケーションリリースの金融サービス機能をベースとして、その上にFinancial Account Creationのサンプルプロセス、Lead and Referral Management、Web Services for Remote Portalsといった機能を追加した。同社によると、Web Services for Remote Portalsでは、広範なサードパーティのポータル製品内でCRM 9を表示させることが可能だという。

 Oracleは、CRM 9の操作を簡素化すべく、クリック数やページ移動の回数を減らした。そのほかの機能強化としては、作業リストに顧客の総合的データを表示する機能、最近の検索内容の自動保存、頻繁に入力する文字をホットキーで自動入力する機能、Order Capture用のバルクサービス管理、スケジューラの改善、リードインポート機能のパフォーマンスの改善、IMS(Intellisync Mobile Suite)アーキテクチャに対応したモバイル営業機能などがある。

 Oracleによると、PeopleSoft CRM 9は既に利用可能だという。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -