ニュース
» 2006年08月23日 07時34分 UPDATE

Salesforce、Google AdWords直結のキーワード広告管理サービスを発表

キーワード広告の作成、公開からカスタマーサービスまで、一貫した管理をSalesforceで行えるようになる。

[ITmedia]

 米Salesforce.comは8月22日、新サービス「Salesforce for Google AdWords」を発表した。オンデマンドCRMサービスのSalesforceにGoogleのAdWordsサービスを統合したもので、Salesforce内部から直接、キーワード広告を出せるようになったほか、どのキーワードが実際の顧客獲得につながったかなどの分析も可能となる。

 SalesforceとAdWords管理を組み合わせることにより、キーワード広告の作成、公開から広告効果分析、見込み顧客の管理、契約、カスタマーサービスまでの一貫した管理をSalesforce.comで行えるようになる。どのキーワードや広告が実際の顧客獲得につながったのかといった分析も可能で、企業のセールスマーケティング活動への投資対効果分析が容易になるという。

 Salesforce for Google AdWordsは、米Kiedenの買収により可能となった。買収金額は非公開。

 β版が既に公開されており、30日間の無料トライアルが可能。Salesforce.comのオンデマンドアプリケーション紹介サイトAppExchangeからインストールできる。正式版は2006年中に公開される見込みで、使用料は1企業当たり、1カ月300ドルとなる予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ