業務用PDAと非接触ICタグ内蔵リストバンドで顧客に便利なフィットネスシステムを実現

山口県内各地でスイミングスクールおよびフィットネスクラブを経営するSSS(スリーエス)グループは、カシオ情報機器株式会社のフィットネスシステム「mobile check-fit」を新たに導入した。会員証の代わりにICタグを内蔵したリストバンドを使うシステムで、入退館の手続きを効率化して利便性を高めるだけでなく、トレーニングメニュー入力などを手軽に行えるようになり、トレーニングの充実感を得られるようになった。


トレーニング内容を管理するためICリストバンドで手軽に情報入力

 多様なトレーニングマシンをはじめ、プールやダンススタジオなどを備えるフィットネス施設では、それぞれのメニューが多岐に渡るため、会員一人ひとりがどのようなトレーニングを行ったかという履歴を管理することが困難だった。しかし利用客は、それぞれの目的があって施設を利用しており、その目的のためには、トレーニングの履歴を管理し、その成果を見極めることが重要だ。

 「運動そのものは楽なものではありません。例えばダイエットを目的にしている方なら、それぞれのトレーニング手段でどれだけ体脂肪を減らすことができたかを知ることで、モチベーションにつなげることができるはずです。お客様が、それぞれの目的に沿って効果的なトレーニングを選び、実施できるよう、トレーニング成果を明確に示せるシステムが必要だと感じていました」と、SSS(スリーエス)グループ常務取締役の井町雅之氏は語る。

 こうした課題に対し、トレーニング機器メーカーではIT化したトレーニング機器を開発している。コンピュータと連動するトレーニングマシンによって、トレーニング情報を自動的に収集できるというシステムだ。

 「ITトレーニングシステムも検討はしました。しかし、対応したマシンを揃えなくてはならずコストがかかりますし、ほとんどのシステムではマシントレーニングの情報しか入力できないという問題があり、導入には至りませんでした」(井町氏)

photo 山口県山口市のSSSスポーツプラザ。受付ではICリストバンドを端末にかざす

 SSSグループにとって効果的な解決策を提示したのはカシオ情報機器だった。カシオ情報機器のフィットネス施設向け会員管理システムを10年ほど前から利用してきたSSSグループに対し、ICリストバンドの利用を提案した。

 それが、「mobile check-fit」だ。非接触型ICタグ(日立製作所の「ミューチップ」)を内蔵したリストバンドと、ICタグリーダーおよび無線LAN機能を搭載したカシオ計算機製の業務用PDA「CASSIOPEIA DT-10」の組み合わせで、施設内のあらゆる場所から情報を入力できるようになっている。例えば、プールやスタジオでのトレーニングの際にも、インストラクターがPDAで出席を取ると同時にトレーニング内容を入力することが可能だ。

 「mobile check-fitはトレーニングマシンとの連携機能はありませんが、既存トレーニングマシンはもちろん、施設全体のトレーニングに対応できます。ネットワークで各施設を結んで情報を一元管理し、別の施設でトレーニングを行っても、その情報を反映させられます」と、井町氏はその利点を語る。

 なお、mobile check-fitは、各種トレーニングメニューの情報収集のみならず、カシオ情報機器のハイセキュリティ会員管理システム「チェックフィット・セキュア」と連携し、ICリストバンドを会員証代わりにした入退館処理も行える。フィットネス施設では、トレーニングウェアやスイムウェアに着替えてしまうため、紙やカードの会員証では持ち歩きに不便があったが、ICリストバンドなら、身に付けたままプールに入ることも可能だ。

スタッフの負担軽減だけでなく利用者の利便性が向上

 mobile check-fitの構築は、SSSグループの要望を盛り込みつつ、2005年9月頃から約半年をかけて行われたという。

 「例えば、血圧計の情報を取り込んで体調管理に利用できるようにしています。特に高齢のお客様は血圧を心配されることが多いので、このような機能をつけてもらいました。また、摂取カロリーの入力もできるようにしましたので、トレーニングによる消費カロリーや基礎代謝とのバランスも分かるようになっています」(井町氏)

 mobile check-fitは、ICリストバンドをPDAのリーダー部にかざして読み取らせ、画面上のボタンをタッチしたり数字を入力するなど、簡単な操作でデータを入力できる。例えば、トレーニングマシンを利用する場合、ジムの壁にPDAが設置されており、マシンに応じた端末を選んでICリストバンドをかざし、負荷や回数、時間などの数値を入力するだけだ。プールやスタジオでのトレーニングに関しては、インストラクターの指導を受けるのであれば前述の通り出席確認と同時に入力される。プールなどで個人的にトレーニングを行う際には、メニュー画面から内容を選んで数値を入力することも可能だ。

 トレーニング情報を入力する際、即座に消費カロリーを計算し、表示するようにしたのもSSSグループが工夫したポイントの一つだという。あらかじめ消費カロリーを知っておくことで、トレーニングにも身が入るというわけだ。もちろん、集計も自動的に行われ、退館時には当日分の集計データを受け取れるようになっている。

 なお、これらの利用方法は施設内各所に掲示してあるほか、どうしても分からない利用者のために、スタッフを呼び出して説明を受けられるよう、ヘルプボタンも用意されている。

photo ICリストバンドによる情報登録イメージ

 mobile check-fitは、SSSグループ7営業所8店舗のうちフィットネス施設4店舗、スイミングスクール2店舗に導入され、2006年7月から実際のサービスがスタートした。

 「月額105円の有料オプションとして提供していますが、便利だということで利用するお客様が増えていますね。導入6店で合計約2万人のお客様が登録されていますが、サービス開始から1カ月の間に8000人あまりが利用されるようになりました」と、順調にスタートしている。

 多くのユーザーがmobile check-fitを利用するようになったことで、スタッフ側の負担も軽減されることになった。

 「これまで、トレーニング内容の管理は、病院のカルテのように紙に手書きで行っていました。毎月、それを集計してお客様に手渡ししていたのですが、この作業にはかなりの手間がかかりました。mobile check-fitをお使いのお客様なら、集計は完全に自動化されていますから、大いに助かっていますね」(井町氏)

利用者の健康管理に加え安全面にも配慮

 SSSグループでは、子供の利用者向けの機能もmobile check-fitに盛り込んでいる。

 「いつ来て、いつ帰ったのか、すぐに分かるよう、ICリストバンドでの入退館処理と同時に保護者にメールを送る機能をつけました。このようなご時世ですから、保護者の方に安心してもらえるようにしたいと考えたのです」(井町氏)

 また、今後は、施設内の買い物にもICリストバンドを使えるようにしていきたいと井町氏はいう。

 「その他の将来展望に関しては、まだ明らかにできませんが、お客様がご不満に感じる点があれば改善し、ご要望があれば計画的に取り組んでいこうと考えています。mobile check-fitの採用は世界初とのことですが、そんなことよりもお客様に満足していただきたいのです」



提供:カシオ計算機株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2006年9月10日


バックナンバー

イベントレポート:自動認識総合展
“使える”ハンディターミナル「DT-X7」の業務ソリューションを多数公開

イベントレポート:リテールテックJAPAN 2009
「操作性」「省エネ」「セキュリティ」重視のソリューションが集結

キーマンインタビュー:CXDネクスト 尾平氏(Part1)
レジ市場に新風を吹き込むネット対応型レジスター

キーマンインタビュー:CXDネクスト 尾平氏(Part2)
中小の店舗経営改善をネットレジで強力支援

キーマンインタビュー:カシオ PA企画室 牧氏
日本の流通・小売業界を支えるモバイルソリューション

キーマンインタビュー:きもと 北口氏
「ムービー立て看」に道行く人が必ず足を止めるワケ

開発者インタビュー:プロジェクター編
“モバイルプロジェクター”の開発にカシオエンジニアの魂を見た

開発者インタビュー:プリンタ編(Part3)
“グローバル・エコ”に込められたカシオ「SPEEDIA GE5000」のメッセージ

開発者インタビュー:プリンタ編(Part2)
ユーザー満足の飽くなき追求――常に進化するカシオのページプリンタ

開発者インタビュー:プリンタ編
「使いやすさあってこそのセキュリティ」という思いを込めたプリンタ開発

開発者インタビュー:ハンディターミナル編
客観的な手法で「使いやすさ」を追求したハンディターミナル

導入事例連載Part1:伊藤園
人事・給与一元管理システムにアドプスを採用し、社内制度に沿ったシステムを構築

導入事例連載Part2:3S書房
書店向けPOSレジスター導入により、業務効率化を実現

導入事例連載Part3:SSSスポーツプラザ
業務用PDAと非接触ICタグ内蔵リストバンドで顧客に便利なフィットネスシステムを実現

導入事例連載Part4:ダンロップスポーツ エンタープライズ
スコアラーの入力用端末に業務用PDAを採用し迅速かつ正確なスコア速報を実現

導入事例連載Part5:澁澤倉庫
Webベースで開発したWMSに、Windows CE .NET搭載の無線ハンディターミナルを採用

導入事例連載Part6:三菱重工
パッケージソフトを活用した帳票FAXソリューションで発注作業支援システムを低コストに構築

導入事例連載Part7:オートウェーブ
多機能なハンディターミナルの活用でカーショップの接客対応を迅速に

導入事例連載Part8:イオンモール
大型ショッピングモールのテナントで多機能端末として活躍するタッチパネルPC

導入事例連載Part9:東武ストア
高機能なPDA型ハンディターミナルでスーパーマーケットの店舗業務を効率化

導入事例連載Part10:専修大学
総合大学として質の高い教育業務を実現すべく、アドプスで人事・給与システムを統合

導入事例連載Part11:スポーツプレックス・ジャパン
非接触ICタグと小型端末を組み合わせ運動履歴を把握

導入事例連載Part12:青山フラワーマーケット
ネットレジと売上集計管理サービスの連動で販売・仕入分析につなげる

導入事例連載Part13:プラザスタイル
高機能ハンディターミナルを採用し店での商品管理を効率化

導入事例連載Part14:旭食品
ハンディターミナルを活用し商品管理と物流システムを効率化

導入事例連載Part15:TIS
プリンタからの情報漏えいを防ぐセキュア印刷ソリューション

導入事例連載Part16:ルネサス テクノロジ
世界トップクラスの半導体産業を支えるカシオの業務用PDA

導入事例連載Part17:エクシム
高い操作性とネットワーク対応で工場の生産ラインを効率化

導入事例連載Part18:小林クリエイト
ICカード認証ツールでアクセスを可視化

導入事例連載Part19:日本食研
食品鮮度管理の最前線で活躍する新鋭ハンディターミナル

導入事例連載Part20:立川相互病院
「白衣の天使」の不安をムービー立て看が払拭

導入事例連載Part21:花王カスタマーマーケティング
花王が販売店支援スタッフのワークスタイル革新に成功した理由

導入事例連載Part22:メディアファクトリー
ランプ交換手間いらず! スリムなプロジェクターでメンテナンスの手間とコストを削減

導入事例連載Part23:岩手県予防医学協会
健診データをPDAで入力、データの正確性を上げコスト削減につなげる

導入事例連載Part24:建設経営サービス
驚くほどスリムなプロジェクターが、モバイルワークをサポート