ニュース
» 2006年10月26日 10時25分 UPDATE

Oracle OpenWorld San Francisco 2006 Report:Red Hatを葬り去る? OracleがLinux自体のサポートに乗り出す (1/2)

OracleはRed Hat Linuxに対してエンタープライズ級のサポートを提供することを決め、Oracle OpenWorldのクライマックスともいえるエリソンCEOのキーノートを発表の場として選んだ。

[浅井英二,ITmedia]

 米国時間の10月25日午後、4万1000人の参加者を集めた過去最大級の「Oracle OpenWorld San Francisco 2006」は、その規模にふさわしいクライマックスを迎えた。

 西海岸の午後1時、Oracle OpenWorldではNASDAQ上場20周年を記念して、クロージングベルセレモニーが行われた。20年前に100株を買っていれば、60万ドル以上の資産に化けているという。普段はニューヨークの取引所で行われているが、この日はモスコーニセンターからのサテライト中継だ。7000人が立ち会うクロージングベルは過去に例がない。

nasdaq01.jpg セレモニーに臨んだOracle幹部。左からサフラ・カッツ社長、ラリー・エリソン会長兼CEO、NASDAQ CEO、そしてチャールズ・フィリップス社長

 クロージングベルセレモニーの興奮で会場がざわつく中でスタートしたラリー・エリソン会長兼CEOのキーノートでは、さらなるメガトン級の計画が披露された。これまでエリソン氏のキーノートといえば、「独演会」+「参加者との対話」と相場は決まっていたが、今年のOracle OpenWorldは違った。この日、OracleはRed Hat Linuxに対してエンタープライズ級のサポートを提供することを決め、エリソン氏のキーノートを発表の場として選んだのだ。

 「グリッドこそコンピューティングの未来。1998年、われわれはReal Application Clustersを投入、(2001年のOracle OpenWorldからは)Unbreakable Linuxのキャンペーンを展開し、Linuxを認証・サポートすることで、エンタープライズへのLinux浸透を後押ししてきた」(エリソン氏)

ellison01.jpg 例年とは打って変わってキーノートで発表を行ったエリソンCEO

 エリソン氏は、まさにLinux最大の支援者とも言えるが、Oracleデータベースやアプリケーションをソリューションとして企業顧客に届けるには、まだまだ課題があると考える。

  • バグは将来のバージョンでしか修正されない
  • サポート料金が高い
  • 知的所有権侵害の恐れに対する免責保証がない

 「われわれの成功はLinuxの成功に大きく依存している。Oracleデータベースやアプリケーションの顧客である必要はない。Red Hat Linuxのユーザーであれば、だれでもOracleからエンタープライズ級のサポートが安価に受けられるようになる」とエリソン氏。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -