ニュース
» 2006年11月01日 11時45分 UPDATE

MSのXML技術者が新興オープンソース企業へ

W3CにおけるMicrosoftの代表を務めていた技術者が、新興企業WSO2にマッシュアップ技術ディレクターとして入社した。

[Darryl K. Taft,eWEEK]
eWEEK

 オープンソースミドルウェアを手掛ける新興企業WSO2が、元Microsoft技術者を雇用したことを発表した。

 Microsoftの元技術外交担当ジョナサン・マーシュ氏は、スリランカのコロンボに本拠を置くWSO2に、マッシュアップ技術ディレクターとして入社した。

 マーシュ氏はWSO2で、同社のオープンソースミドルウェアプラットフォームの全般的な技術的方向性を定める手助けをし、状況依存型アプリケーション、ビジネスプロセス管理、監視のための次期サーバサイドマッシュアッププラットフォームの開発を指揮すると、同社の創設者でCEO(最高経営責任者)のサンジバ・ウィーラワラナ氏は語る。

 マーシュ氏はMicrosoftに10年間務めていた。XMLおよびWebサービス技術の技術外交担当者で、ブラウザのXML処理をアップグレードするAPIの開発も推進していた。

 「マーシュ氏はMicrosoftに10年務めたベテランだ。同氏がまったく別の種類の企業にどう適応するか興味深い」と同氏とさまざまな標準化団体で交流を持つWebMethodsのSOAマーケティングディレクター、ミコ・マツムラ氏は語る。

 マーシュ氏はWorld Wide Web Consortium(W3C)におけるMicrosoftの代表で、XPath、XSLT、XML Base、xml:id、Xinclude、XPointer FrameworkなどのW3C仕様の開発に貢献したとWSO2の関係者は語る。

 さらに同氏は、最近W3C Web Services Description Working Groupの共同議長に再度任命されたとこの関係者らは言う。同氏はこの役職を継続し、さまざまなW3CワーキンググループおよびOASIS(Advancement of Structured Information Systems)技術委員会への参加を続ける。

 「ジョナサン(マーシュ氏)は当社に非常に強力なクライアントとUIの要素をもたらす」とウィーラワラナ氏はeWEEKに語った。「彼は何年も前に初めにXMLとXSLTをInternet Explorer(IE)に統合した人物だ」。マーシュ氏はそこで有名な開発者アダム・ボスワース氏(現在はGoogleのエンジニアリング担当副社長)と働いていたという。

 実際、マーシュ氏は「今Ajax(Asynchronous JavaScript and XML)と呼ばれている分野で豊富な経験を持つ」とウィーラワラナ氏。

 さらに「当社の強力なサーバサイドWebサービスのスキルとジョナサンの強力なクライアントサイドサービスのスキルにより、当社はマッシュアップ自体をマッシュアップできるようにする――今日のマッシュアップの主要な欠陥だ――独自のマッシュアッププラットフォームを作り出すだろう」と同氏は言う。

 マーシュ氏は、Webサービス、標準、オープンソース分野(特にApache Software Foundation)の専門家で構成されるWSO2のチームに入る。

 同社の創設者であるウィーラワラナ氏とポール・フレマントル氏は、IBMに勤めた後WSO2を設立した。もう1人の創設者ダバナム・スリニバス氏はComputer AssociatesからWSO2に移った。さらに同社の開発者は、Apache Axis2、Apache Sandesha、Apache Policy、Apache Axiom、Apache Synapseなどの多くの主要なApache Webサービスプロジェクトの参加者だと同社関係者は話している。

原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -