ニュース
» 2007年02月13日 13時03分 UPDATE

IBM、新サービスで「オープンな」コラボレーションを推進

IBMは新サービス「Open Client Solution」で、複数のOSを使用している企業がIBMのコラボレーションソフトを導入し、社内全体で利用するためのサポートを行う。

[ITmedia]

 米IBMは2月12日、新サービス「Open Client Solution」の提供を開始した。

 Open Client Solutionは、顧客企業が、OSの種類に制限されず、IBMのコラボレーションソフトをより簡単に導入/利用できるようにするサービスで、デスクトップ管理サポートやアプリケーションのマイグレーション、試験運用支援などのサービスが含まれる。サービスはLinuxとMicrosoft Windowsを使用しているシステムが対象だが、今年後半にはMacintoshへの対応も開始する予定だという。

 Open Client Solutionにより、LinuxとWindowsの両方を使用している企業が、Lotus NotesやLotus Sametime、WebSphere Portal 6.0、Lotus Expeditorなどのコラボレーションソフトをより簡単に導入できるようになるという。

 Open Client SolutionのLinuxに関するサービスは、Red HatとNovellが提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -