ニュース
» 2007年03月13日 08時43分 UPDATE

3週間早い夏時間切り替えでIT製品に問題多発

例年より3週間早く夏時間に切り替わった米国では、MicrosoftのDSTパッチの不具合のほか、SunのJavaやSymantecなどの製品に関連して混乱が起きている。

[ITmedia]

 米国で夏時間(Daylight-Saving Time:DST)が例年より3週間早く、3月11日からスタートしたが、Microsoftなど各社の製品で、正しい時間が適用されないなどの問題が多発した(関連記事)

 米MicrosoftはDSTサポートセンターを開設し、チャットで質問を受け付け中。これまでに、DSTパッチの問題などが報告されている。

 この問題は、タイムゾーンのホットフィックス(931836)を適用しても、手動でタイムゾーンを切り替えないと更新が反映されないというもので、Windows 2003、Windows XP、Windows 2000の一部で発生しているという。サポートページで解決方法についても紹介している。

 SANS Internet Storm Centerによると、このほかにもSunのJava 2ソフトやSymantec Backup Exec 10d/10.1、Cisco製の電話、各社の携帯電話、Blackberryなどに関連して、正しく夏時間に切り替わらないなどの問題が発生している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ