ニュース
» 2007年04月12日 20時19分 UPDATE

東芝とシャープの新型PHSを夏までに投入、ウィルコム

ウィルコム喜久川社長は同社フォーラムの講演で、2007年夏までに東芝製端末とシャープ製Windows Mobile 6搭載スマートフォンを投入すると発表した。

[國谷武史,ITmedia]

 ウィルコムの喜久川政樹代表取締役社長は4月12日、同社主催フォーラムの基調講演で、2007年夏までに東芝製PHS端末とWindows Mobile 6 OSを搭載するシャープ製の新型スマートフォンを投入すると発表した。

wipht_1.jpg かつては音声端末からPDA用モジュールまで幅広くPHS端末を展開していた東芝が復活する

 喜久川社長は新端末の仕様は明らかにしなかったものの、「端末メーカーの新規参入によってユーザビリティの高いサービスを展開できるようになる」と語った。東芝は、旧DDIポケット時代にPHSの音声端末やSDメモリカード型PHSモジュールを展開していたことがある。

wipht_2.jpg 何か新しい可能性を感じさせる特設サイト。もしやW-ZERO3の次世代モデルになるのか

 またシャープ製の新型スマートフォンは、Windows Mobile OSの最新版となるバージョン6を搭載する。同社では、特設サイトを開設して情報を順次明らかにしていくという。Windows Mobile 6搭載端末の発表は、国内ではソフトバンクモバイルが予定する東芝製端末に続いて2機種目になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ