ニュース
» 2007年07月06日 08時51分 UPDATE

「コーデックが必要です」、偽のコーデックサイトでマルウェア配布

検索して見つけたサイトでコーデックをインストールすると、マルウェアを呼び込んでしまうことがあるとMcAfeeが注意を喚起している。

[ITmedia]

 ダウンロードした映画を見たいというユーザーの欲求に付け込み、コーデックを装ったマルウェアをダウンロードさせるサイトがあるとして、McAfeeがブログで注意を促している。

 ネットからダウンロードした動画は、再生しようとすると「ファイルの一部が再生できません。コーデックが必要です」とのメッセージが表示されることがある。ネットでコーデックを検索してこの問題を解決しようとするユーザーが、悪質サイトの標的になっているとMcAfeeは指摘する。

 こうしたサイトは、ユーザーが「Codec」(コーデック)などのキーワード検索をかけると表示される。一見プロフェッショナル仕様に見せかけてあり、コーデックのインストールと称して使用許諾契約書(EULA)を提示し、ユーザーをだましてマルウェアや偽のコーデックをダウンロードさせようとする。

 映画を見る場合は、足りないコーデックを探すよりも、ほとんどの動画ファイルをサポートしている定番の再生ソフトを使った方がいいとMcAfeeはアドバイスしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -