ニュース
» 2007年07月25日 13時12分 UPDATE

日本IBM、POWER6搭載の「IBM System i 570」を発表

日本IBMは、「IBM POWER6」を搭載した「IBM System i 570」を発表した。併せて、i5/OS最新版の開発意向、i5/OS上でのMySQLサポートなども明らかにされた。

[ITmedia]

 日本IBMは7月25日、「IBM POWER6」を搭載した「IBM System i 570」を発表した。

 同サーバは、「POWER6」を搭載したことで、従来のPOWER5プロセッサ搭載モデルに比べ2倍のパフォーマンス、約2.7倍の価格性能比、ならびに1.7倍のエネルギー効率の改善を実現した。

 また、System i独自の統合された管理機能を利用できるほか、プロセッサやメモリの利用量に応じた課金を行う「キャパシティ・オン・デマンド(Capacity on Demand:CoD)」に対応する。価格は6227万円(税込)から。9月14日から出荷を開始する。

 加えて、IBMミッドレンジサーバ用OSの最新版となる、i5/OS V6R1の開発意向表明が行われた。V6R1では、複数の論理区画におけるi5/OS用ディスクの統合を可能にする仮想化機能が拡張されるほか、バックアップやデータストアにおける暗号化の実現、JavaやPHPなどの開発環境が強化される予定。正式リリースは2008年中になる予定。

 さらに、4月に発表されていた「MySQLEnterprise Server for i5/OS」の提供を8月17日から開始(一部モデルでは追加料金なしで同梱出荷)し、i5/OS上でMySQLの稼働を正式にサポートするほか、i5/OS上でのBIツールとして、「IBM DB2 Web Query for System i」が用意された。IBM DB2 Web Query for System iの価格は33万6000円で、11月16日から提供を開始する。

関連キーワード

データベース | IBM | MySQL | POWER | サーバ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -