ニュース
» 2007年07月27日 20時31分 公開

Linuxサーバの管理ユーティリティを無償公開

佐藤システム設計事務所はLinuxサーバの管理を行えるフリーのユーティリティソフト「Lx-Admin」をリリースした。

[ITmedia]

 佐藤システム設計事務所は7月27日、Linuxサーバのネットワーク設定やファイルサーバ設定、データベース保存などを行う管理ユーティリティ「Lx-Admin」を、フリーウェアとして公開した。

 Lx-Adminは、「Vine Linux 4.1」がインストールされたサーバをWindowsのPCから管理できる。LinuxサーバにセットされるデータベースはPostgreSQL 8.1を使用しており、ODBCを介してWindowsのPCから利用できる。

 対応OSは、Microsoft Windows 2000/XP/2003。なお、Lx-Adminは Microsoft Access 2000 で作成されているため、PCにはMicrosoft Access 2000/2002/2003もしくはランタイムがインストールされている必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -