ニュース
» 2007年08月01日 12時31分 公開

NEC、初期コストを抑えたシンクライアントサーバセットを発売

NECはシンクライアント端末の稼働に必要なミドルウェアとクライアントOSをプリインストールしたサーバのセットモデルを発売した。

[ITmedia]

 日本電気は8月1日、同社の仮想PC型シンクライアントシステム「VirtualPCCenter」のラインアップとして、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせたサーバセットモデル「Express5800/120Ri-2 VPCC 仮想PCサーバ」を発売した。

 同セットは、最大40台までのシンクライアント端末の同時稼働に対応するミドルウェアとクライアントOSをプリインストールしたサーバをセットにしたもの。運用を速やかに開始できるとともに、端末120台導入時のシステム規模で換算した場合に、1端末当たりの初期コストを従来の約19万円から16万9000円に低減できるという。また、1端末当たりのサーバ消費電力量も従来に比べて50%削減された。

 NECでは同時に、外部ストレージを用いることでシステムの可用性強化や複数のサーバリソースを1つに統合する「Express5800/120Rg-1 VPCC仮想PCサーバ(SANモデル)」、仮想PC型シンクライアント専用の外部ストレージ「VPCC SANストレージ S2」、既存のPCをシンクライアント端末化するソフトウェア「SigmaSystemCenterソフトウェア シンターミナル」(CD-ROM版、USB-ROM版)も商品化した。

 各製品の価格と出荷開始時期は次の通り。

製品名 価格(税別) 出荷時期
Express5800/120Ri-2 VPCC 仮想PCサーバ 195万円〜 8月27日
Express5800/120Rg-1 VPCC 仮想PCサーバ(SANモデル) 268万円〜 8月27日
VPCC SANストレージ S2 325万円〜 8月27日
SigmaSystemCenter ソフトウェア シンターミナル CD-ROM版・1万5000円〜、USB-ROM版・1万9800万円〜 8月31日

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -