ニュース
» 2007年08月23日 21時24分 UPDATE

ソニックウォールとRSA、VPNサービスと内部統制支援で協業

ソニックウォールとRSAセキュリティは、リモートアクセスとワンタイムパスワード、ログ管理を活用したソリューションで協業する。

[ITmedia]

 ソニックウォールとRSAセキュリティは8月23日、リモートアクセスサービスとワンタイムパスワードサービス、ログ管理サービスを連携させたVPNサービスと内部統制支援サービスで協業すると発表した。

 提携では、ソニックウォールのUTM(統合脅威管理)製品とSSL-VPN製品、RSAセキュリティのワンタイムパスワード認証方式 「RSA SecurID」を連携させることで、ネットワーク規模に応じたVPNサービスをユーザー企業が利用できるようになる。また、ネットワーク機器のログをRSAの統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」で収集することで相関分析などが行える。

 これにより、ユーザー企業ではネットワーク規模に応じたセキュアなリモートアクセスサービスの利用や、内部統制に基づくログ管理が可能になるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ