ニュース
» 2007年08月30日 08時51分 公開

Windows Vista SP1のリリース予定は2008年第1四半期

Windows Vista Service Pack 1(SP1)のβ版リリースは今後数週間以内、正式版リリースは来年第1四半期の予定だという。

[ITmedia]

 米Microsoftは8月29日、Windows Vista Service Pack 1(SP1)の開発進行状況について報告した。

 まず、従来のようにOSの修正や機能向上をサービスパックだけに依存しないとし、Windows Updateを利用して随時問題を解決していくことを明らかにした。28日には、SP1のリリースに先駆けて、2つのアップデートを提供している。

 SP1はこれらのアップデートに加え、フィードバックによって判明した信頼性や性能に関する問題修正、新ハードウェアのサポート、新たな規格のサポートなどを含むという。ただし新しい機能などは提供されない。

 SP1のβ版は現在少人数のテスターで検証中で、テスターの枠を拡大したのち、公式リリースは数週間後になる予定という。またSP1の正式版リリースについては2008年第1四半期を見込むとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -