ニュース
» 2007年09月22日 11時11分 UPDATE

三三、名刺データと業務をひも付けるサービスを開始

三三は、名刺情報を可視化し、企業の人脈データベースを構築・運用するサービス「Link Knowledge」の提供を開始した。

[ITmedia]

 三三は9月21日、名刺情報を可視化し、企業の人脈データベースを構築・運用するサービス「Link Knowledge」の提供を開始した。

 Link Knowledgeは、名刺情報や社員情報をデータ化し、共有や管理ができるSaaS型のサービス。名刺に記載された企業名や役職などの属性を取り入れ、社内SNSと連携させ、社員プロフィールを自動で作成することも可能。

 専用のスキャナとタッチパネルPCから、画像データとして取り入れられた名刺情報は、データセンターに送られる。データセンターでは画像データから属性などの情報を読み取り、テキストデータなどに変換し、データベースに蓄える。

image 専用スキャナとタッチパネルPC。機器のレンタルと名刺情報の入力は、三三が行う

 ユーザーは、テキスト化されたデータを、Webブラウザや携帯ブラウザから1日以内に閲覧できるという。

 Link Knowledgeは、名刺の管理や共有ができる「Link Manager」、人脈情報などを企業の規模や属性とともに表示する「Link Visualizer」、人脈情報から自動でプロフィールを作成し、社内SNSと連携する「My Link knowledge」、個人情報を一元管理する「Asset Controller」から構成される。

 価格は、月当たり最小構成で10万円から。3年間で30億円の売り上げを見込む。

関連キーワード

名刺 | データベース | スキャナ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -