ニュース
» 2007年09月27日 20時21分 UPDATE

ウィルコム、全国どこでも内線電話がつながる「W-VPN」を発表

ウィルコムは、企業のPBXとウィルコムの回線網を接続し、全国どこでも内線電話を定額料金で利用できる「W-VPN」を発表した。

[ITmedia]

 ウィルコムは9月27日、企業のPBXとウィルコムの回線網を接続することによって、オフィスとPHS間の内線通話を定額料金で利用できるモバイル内線サービス「W-VPN」を発表した。10月下旬までにサービス受け付けを開始する。

wilcvpn1.jpg 利用イメージ

 同サービスは、企業が所有するPBXとウィルコムのネットワークを専用線で接続し、社内とPHS端末間の内線通話を可能する。社内から内線番号をダイヤルするだけで、全国のPHSサービスエリアであればどこでも、サービス対応端末の「WX220J-Z」(10月発売予定)で通話できる仕組みとなる。

 利用料は、専用線1回線当たり月額5250円(別途、初期費用1万500円が必要)、PHS端末での内線利用料が同315円(同1050円が必要)。「ウィルコム定額プラン」もしくは「ウィルコムビジネスタイム定額トリプルプラン」の利用が条件となる。

wilcvpn2.jpg サービス導入時の工事概要

 専用線を接続できるPBXは、岩崎通信機、NEC、NECインフロンティア、ネクストジェン、沖電気、パナソニック コミュニケーションズ、シスコシステムズ、日立、日立コミュニケーションテクノロジー、東芝、ナカヨ通信機、富士通、日本アバイアの対応機種。専用線1回線で同時利用できるのは2通話まで。専用線1回線当たり20台のPHS端末の運用が想定されている。また、対応端末は「Advanced/W-ZERO3[es]」などにも広げていくという。

 ウィルコムでは、初期費用が無料になる「W-VPN」スタートキャンペーンを9月27日〜12月31日まで実施する。

関連キーワード

ウィルコム | PHS | VPN


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -