ニュース
» 2007年10月03日 14時33分 公開

大塚商会がSMB向けにUTMの運用監視サービス、月額2万5000円で

大塚商会は、フォーティネットのUTMのレンタルと常時監視サービスをセットにした「FMS/FortiGate フルバンドル」の提供を10月4日より開始する。

[ITmedia]

 大塚商会は、中堅・中小企業(SMB)向けのゲートウェイセキュリティ対策サービス「FMS/FortiGate フルバンドル」を10月4日より開始する。フォーティネットのUTMアプライアンス「FortiGate」をユーザー企業にレンタルして機器を常時監視するサービスで、ファイアウォールやアンチウイルスなど複数のセキュリティ対策の運用を代行して、専任管理者のいない企業の負担を軽減する。価格は税抜きで月額2万5000円から。

 FMS/FortiGate フルバンドルは、ファイアウォールやルータなどのゲートウェイ機器を貸し出して稼働状態の常時監視を行う同社のFMS(Firewall Management Service)サービスメニューの1つ。企業はFMS/FortiGateを導入することにより、ファイアウォールやゲートウェイウイルス/スパイウェア対策、IPS(不正侵入検知/防御)、Web/スパムメールフィルタ、Winny通信遮断といった複数のセキュリティ対策をまとめたUTMの初期設定や運用/監視、障害時のリモートメンテナンス/機器交換を一括してアウトソーシングできる。

 また、企業ごとに異なるWeb/スパムフィルタのホワイトリストやブラックリストの作成や設定も大塚商会が行う。

 同社は初年度1000台分の導入を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -