ニュース
» 2007年10月29日 17時27分 UPDATE

OutloookやSharePointが利用可能に、KDDIとMSのSaaS

KDDIとマイクロソフトは、2008年3月から開始する企業向けSaaSの概要を発表。PCや携帯電話からOutlook、SharePointを利用できるようになる。

[ITmedia]

 KDDIとマイクロソフトは10月29日、企業向けSaaS型ソリューション「Business Port」を発表した。第1弾サービスとして「KDDI Business Outlook」を2008年3月から開始する。

 Business Portは、両社が6月27日に発表したSaaS事業での提携に基づいて開発されるサービスの総称。同サービスでは、マイクロソフトが開発した共有型アプリケーションホスティングサービスとSaaSのプラットフォームを用い、KDDIがデータセンターのホスティングや、携帯電話への対応化、スパムメール対策などのセキュリティ対策サービス、課金・決済までを一括して提供する。

kdmspt0.jpg SaaS事業の提携を発表したマイクロソフトの樋口COO(左)とKDDIの田中常務(6月の記者発表時)

 KDDI Business Outlookは、Microsoft OutlookとSharePointの機能を、月額980円(1ユーザー単位)で提供する。au携帯電話端末では、会社のメールアドレスと専用のBREWアプリケーションでOutlookのスケジュールデータ、アドレス帳データの登録・変更、同期ができる。

 特にメールは、通常の携帯電話メールと同様に待ち受け状態で自動受信するため、ユーザーがサーバにアクセスして確認する手間が不要。ただし、利用できるドメインは会社のものだけで、「***@ezweb.ne.jp」のドメインは利用できなくなる。KDDIでは、「業務専用端末として社員に支給する企業が増えており、法人名義で契約された端末での利用を想定している」という。

 また、PCからはOutlookとSharePointの機能を利用可能。標準サービスでは1社当たり1.4Gバイト容量のオンラインストレージを利用できる(追加は100Mバイト単位で500円)。2008年2月から申し込みを受け付ける。利用開始までの期間は、利用する携帯電話端末の台数などによって異なるという。

 Business Portは、KDDIとマイクロソフト以外のベンダーもサービスを提供できる枠組みとなっており、、両社はパートナーベンダー向けプログラム「Business Port Support Program」を、12月から開始する。

 同プログラムでは、KDDIがデータセンター設備(一部費用はKDDIが負担)を提供し、ユーザー企業への料金請求・回収業務、ユーザーサポートを代行する。また、BREWアプリケーションの開発支援などはマイクロソフトとKDDIが共同で行う。

 KDDIとマイクロソフトではこのほか、ユーザー企業が複数の業務アプリケーションの自由に組み合わせられるマッシュアップサービスや、シングルサインオン認証なども導入する予定。KDDIは、KDDI Business Outlookでサービス開始後3年間に100万アカウントの獲得を見込む。中堅・中小企業や大規模企業の部門単位で利用獲得を目指すとしている。

関連キーワード

KDDI | Microsoft(マイクロソフト) | Outlook | SaaS | BREW | au


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ