ニュース
» 2007年11月06日 06時04分 UPDATE

Google、携帯向けオープンプラットフォーム「Android」発表――33社が参加

Googleが発表したのは、「うわさされたGoogle携帯よりも野心的」な包括的プラットフォームの開発。T-Mobile、HTC、NTTドコモ、KDDIなどがアライアンスに参加する。

[ITmedia]

 米Googleは11月5日、携帯電話向けの包括的プラットフォーム「Android」を発表した。携帯メーカーや通信事業者など33社とアライアンス「Open Handset Alliance」を組み、開発に当たる。

android

 Open Handset Allianceには、米T-Mobile、台湾のHTC、米QUALCOMM、米Motorola、NTTドコモ、KDDIなど33社が参加。より低コストでの携帯端末・サービスの開発や提供を実現するための技術の開発を目指すという。

 アライアンスが提供する技術の第1弾となるAndroidは、携帯向けのOSやミドルウェア、インタフェース、アプリケーションなどを含むオープンソースのプラットフォーム。端末メーカーや通信事業者はAndroidをカスタマイズすることで、より革新的な新型携帯電話をより低いコストで市場に提供できるようになるとしている。

 Androidのソフトウェア開発キット(SDK)は12日に公開予定。Androidベースの携帯端末の発売は、2008年下半期となる見通しだという。

 Androidは2005年8月にGoogleが買収した携帯向けソフトメーカーの名前で、創業者のアンディ・ルービン氏は現在Googleの携帯プラットフォーム部門のディレクターを務めている。

 Googleのエリック・シュミット会長兼CEOは、Open Handset Allianceの形成により「携帯業界でイノベーションを育てるための新しいアプローチを取ることで、人々の情報入手・共有方法を変えるような新しい環境が形成されるだろう」とコメント。「今回の発表は、ここ数週間憶測が飛んでいたどんな『Google Phone』よりも野心的なもの。われわれが公開する強力なプラットフォームは、何千もの異なる機種の携帯端末を動かすことになる」としている。

関連キーワード

Android | Google | HTC | NTTドコモ | オープンソース | SDK


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ