ニュース
» 2007年11月15日 00時30分 UPDATE

Oracle OpenWorld 2007 San Francisco Report:新機能が目白押しの「Fusion Middleware 11g」でリーダーの座を狙うOracle (1/2)

米国時間11月13日、「Oracle OpenWorld San Francisco 2007」は2日目を迎え、データベースと並んで存在感を増しつつある「Oracle Fusion Middleware 11g」をプレビューする基調講演が行われた。

[谷川耕一,ITmedia]

 米国時間11月13日、カリフォルニア州サンフランシスコで開催されている「Oracle OpenWorld San Francisco 2007」は2日目を迎え、データベースと並んで存在感を増しつつある「Oracle Fusion Middleware 11g」をプレビューする基調講演が行われた。

 Oracle Fusion Middleware 11gは、既にβ4が配布され、約170社がテストに参加し、フィードバックを受けている。

 「6年前、Oracleはエンタープライズアプリケーションが、抜本的な変革に直面することを予測し、そこからFusion Middlewareという新たな製品群が生まれた。Fusion Middlewareの顧客は既に1万7000社に達した」と話すのは、Oracle Fusion Middlewareを担当するトーマス・クリアン上級副社長。彼は、その最新バージョンとなる11gの革新的な機能をプレビューした。

tomas01.jpg 一貫してOracleのミドルウェアを統括してきたクリアン上級副社長

 ステージでは、SOA(サービス指向アーキテクチャー)、グリッドコンピューティング、そして新しい潮流である「Enterprise2.0」に関連するものなど、以下のような多数の新機能が紹介されている。

  • Oracle SOA Suite、Oracle JDeveloper、およびApplication Development Framework
  • Oracle Application Server
  • Oracle Business Intelligence Suite、およびEnterprise Performance Management System
  • Oracle Enterprise Content Management Suite
  • Oracle WebCenter Suite
  • Oracle Identity Management Suite
  • Oracle Fusion Middleware向けのOracle Enterprise Manager

買収製品で機能の幅を広げるFusion Middleware

 Fusion Middlewareには、買収によって獲得した多くの製品も統合されており、その機能は多岐にわたる。Hyperionの企業業績管理のようにアプリケーションに近いところも含まれ、クリアン氏の基調講演にも、単なる技術ではなく、ビジネスシナリオが組み込まれ、それに沿った説明も入りつつある。基調講演の1時間程度の枠では説明することが既に困難な製品規模といえるだろう。そのごく一部を紹介していこう。

 SOA関連では、JDeveloerを利用し、GUIベースで容易にアプリケーションの連携を図り、WebCenterのポータル画面に統合していくデモが行われた。面白いところでは、SAPのDuetのようにMicrosoftのOffice製品と連携を図り、コーディングなしでアプリケーションのフロントエンドとして取り込む機能も紹介された。

 また、3月に買収したHyperionの多次元データベースであるEssbaseが、次期Oracle Fusion Middlewareに統合され、顧客が活用できることも示された。Essbaseの参照系の分析機能だけでなく、Essbase上で計算し、リアルタイムに分析できる機能もBIダッシュボードに容易に統合できるという。Essbaseの機能の追加もあって、BI分野ではレポーティング機能がかなり強化されている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -