ニュース
» 2007年12月12日 15時24分 UPDATE

ucodeタグ、富士通製品など新たに4種類認定

ユビキタスIDセンターは、富士通、リンテック、凸版印刷のICタグ計4種類をucodeに認定した。

[ITmedia]

 RFIDの普及を進めるユビキタスIDセンターは12月11日、ユビキタス空間の中でモノや位置などを識別するために使用するコードであるucodeのタグに4種類のICタグを新たに認定し、ラインアップを21種類に拡大したと発表した。

 印刷タグとして目に見えにくい色成分を用いて画像にコードを埋め込んだ富士通の「FPcode」を追加。電池を内蔵せず1メートル以下の近距離で交信できるパッシブRFIDタグとして、ISO15693に準拠したリンテックの「TS102LC」、ISO11784およびISO11785に準拠した凸版印刷の「ブロック用大型注型タグ」および「薄型ラミネートタグ」も加えた。

 同センターは東京大学の坂村健教授が会長を務めるユビキタス・コンピューティング基盤技術の標準化・推進団体T-Engineフォーラム内の組織で、ucodeをRFIDタグなどで利用するための認定活動をしている。

関連キーワード

ユビキタス | 富士通 | ICタグ | RFID


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ