ニュース
» 2007年11月26日 18時56分 公開

NECら、海外工場や再生PCにRFID活用を拡大

NECとNECパーソナルプロダクツは、PC生産の効率化に活用していたRFIDのノウハウを、海外の工場や再生PCに導入することを明らかにした。2008年より順次導入予定。

[ITmedia]

 NECとNECパーソナルプロダクツは11月26日、PC事業のライフサイクルマネジメント強化に向けてRFIDの活用を広げると発表した。

 NECはPC生産の効率化とトレーサビリティ向上を目指し、2004年に部材調達領域やマザーボード製造工程などのPC生産ラインにRFIDを導入。最大20%作業効率が向上し、工場内部品在庫は3分の1になった。

 同社はこのノウハウをいかし、PCのベースユニット製造を委託する海外工場に、部品の製造履歴などの情報をリアルタイムで管理できるRFIDの生産管理システムを導入する。また企業向けビジネスPCの出荷配送にRFIDを利用したり、型番/シリアル番号/工場出荷日などの情報を書き込んだRFIDラベルを個々のPCに貼るサービスも始めるという。いずれも2008年度に導入予定。

 ユーザーの使用済みPCを再生/販売する「リフレッシュPC事業」を行うNECパーソナルプロダクツは、群馬事業場において使用済みPC買い取りのトレーサビリティ向上のため、2008年度にRFIDを導入する見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -