ニュース
» 2007年10月03日 21時08分 公開

NECのRFIDミドルウェア、世界初のEPCIS認定を取得

 NECのRFIDミドルウェア「WebOTX RFID Manager Information Service」が、EPCglobalのEPCIS製品認定テストに世界で初めて合格した。

[ITmedia]

 NECは10月3日、同社のRFIDミドルウェア「WebOTX RFID Manager Information Service」が、非営利法人EPCglobalのEPCIS(Electronic Product Code Information Services)製品認定テストに世界で初めて合格したことを明らかにした。

 EPCISは、RFIDタグを利用して、サプライチェーン上のモノに付与されたID(EPC)から「何が、いつ、どこで、どんな操作をされたのか」という観点でデータ化を行い、EPCISのデータベースに蓄積する。EPC(Electronic Product Code)に関する製品の情報の検索を通じて、検索対象がどこにあるかをリアルタイムで把握できる。

 WebOTX RFID Manager Information Serviceは、EPCISの認定取得により、サプライチェーン全体からICタグが付いた製品などを読み取り、製品のEPCコードを関連データベースと照合して、製品の属性情報を取得できるEPCglobalのネットワークへ接続できるようになった。

 EPCglobalは、RFIDとインターネットを利用したEPCglobalネットワークシステムの開発のために設立された。EPCなどを含むRFIDデータを企業システムで活用するためのインタフェースを標準化している。

 NECは今後、WebOTX RFID Manager Information Serviceを製品化し、12月から出荷する予定。3年間で100本の販売を見込む。

関連キーワード

RFID | NEC(日本電気) | ICタグ | 世界初


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -