ニュース
» 2007年06月28日 18時46分 公開

29万台の廃棄PCを再資源化、NECらがPC回収数を報告

NECとNECパーソナルプロダクツは6月28日、2006年度中に約29万1000台の使用済みPCおよびディスプレイを回収し、再資源化を行ったと発表した。

[ITmedia]

 NECとNECパーソナルプロダクツは6月28日、2006年度中に約29万1000台の使用済みPCおよびディスプレイを回収し、再資源化を行ったと発表した。

 NECでは2003年より(法人対象は2004年より)、同社製品の個人および法人ユーザーから使用済みPCやディスプレイを買い取りによって回収し、データ消去や再インストールなどのクリーンアップ作業を行い、保証書を付けて販売する「NECリフレッシュPC事業」を展開している。

 同社によると、2006年度には事業系PC約16万8000台、家庭系PC約12万3000台の使用済みPCを回収、前年度に比べて約1万台の増加となったとしている。

 この事業でPC1台がリフレッシュされると、新しくPCを製造する場合に比べ約100キログラムの二酸化炭素が削減できるという。

関連キーワード

ディスプレイ | 自治体 | NEC | Office | リサイクル


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -