ニュース
» 2007年12月18日 18時09分 UPDATE

楽天、Ruby on Railsで会員ページを刷新

楽天は、RubyとRuby on Railsで楽天会員向け専用ページ「my Rakuten」を刷新した。

[ITmedia]

 楽天は12月18日、楽天会員向けの専用ページ「my Rakuten」をカスタマイズ可能な「my Rakuten BETA」にリニューアルしたと発表した。システムの開発には、プログラミング言語のRubyとWebアプリケーションの開発フレームワークRuby on Railsを用いた。

 my Rakuten BETAは、ランキング情報やオークション情報など楽天グループが提供する117種類のサービスメニューからコンテンツを選択して、マイページ上に自由に配置できるポータルサービス。これまでユーザーはページを編集できなかったが、ドラッグアンドドロップなどの簡単なマウス操作でページをカスタマイズできるようになった。

 RubyとRuby on Railsの採用により、JavaやPHPを用いた開発に比べ、工数を約3割削減した。

image my Rakuten BETAの画面

関連キーワード

Ruby | 楽天 | フレームワーク


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -