ニュース
» 2008年01月21日 17時52分 UPDATE

Ruby検定、全国200カ所のPCから受験可能に

伊藤忠テクノソリューションズとプロメトリックは、PCを利用したRuby技術者認定試験の配信で契約を締結した。国内200カ所以上の会場で受験できる。

[ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とプロメトリックは1月21日、Ruby技術者認定試験の国内およびグローバルでのテスト配信について契約を締結したと発表した。

 Rubyによるシステム開発の普及を目的とするRuby技術者認定試験を2月25日から国内の47都道府県、200カ所以上の会場で配信する。国内に200カ所以上あるプロメトリックのテストセンターを活用する。4月下旬からは英語版の試験も始まる。世界135カ国で配信する予定。

 CTCは、Rubyアソシエーションから委託を受け、同試験を運営してきた。東京と島根県で2007年10月から3回試験を実施している。

 日本語版の試験は、1月30日からプロメトリックのWebサイトで申し込みを受け付ける。

関連キーワード

Ruby | テスト


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -