ニュース
» 2008年01月31日 17時44分 UPDATE

マイクロソフト、Windows Server 2008のスキル認定試験を実施へ

サーバOS「Windows Server 2008」に対応した認定資格試験がまもなく開始となる。

[ITmedia]

 マイクロソフトは1月30日、次期サーバOS「Windows Server 2008」に対応した認定プログラム(Microsoft Certified Associate Program、以下MCA)の試験を2月4日から開始すると発表した。

 MCAは、一般的なIT基礎知識とマイクロソフト製品の技術スキルを認定する資格制度。「プラットフォーム」「セキュリティ」「データベース」「アプリケーション」の4分野で構成される。MCAプラットフォーム Windows Server 2008対応試験では、仮想化ソリューションや、新たに追加されたネットワークアクセス保護機能を利用したネットワークの構成、サーバの構築・運用にかんする概要知識とスキルを認定する。

 試験対策として、有償トレーニングコース「MCAプラットフォーム Windows Server 2008 対応トレーニング」から、サーバ新機能などの解説部分を抜粋したオンライントレーニング「試験に出る!Windows Server 2008」がWebcast形式で無料提供される。

 新試験の受験料は9450円(税込み)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -