ニュース
» 2007年12月20日 19時49分 公開

Office検定、国内で受験者200万人突破

Microsoft Officeアプリケーションの利用スキルを証明する認定資格の受験者数が、日本国内で200万人を突破した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは12月20日、Microsoft Officeアプリケーションの利用スキルを証明する認定資格「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」の受験者数が、日本国内で200万人を達成したと発表した。

 同資格は、Microsoftが認定する世界共通の資格制度。Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの基礎知識や操作方法についてPCを用いた実技試験で測定する。ビジネスパーソンや主婦、在宅勤務希望者、学生などが受講している。

 今後はWindows Vistaに対応した「アプリケーションスペシャリスト」の試験を始める。2008年には予算管理やチーム作業管理などのスキルを認定する「アプリケーションプロフェッショナル」資格を追加する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -